視力回復方法

視力回復トレーニング

視力回復はマニュアルを使うものや機械・グッズを利用すしてトレーニングするものなどいろいろとあります。視力回復トレーニングはレーシック手術のようにすぐに効果があらわれるものではありません。そのため挫折しやすいトレーニングです。

視力回復トレーニングを継続させるにはメガネやコンタクトを使わない生活を目指すとか、現状の視力を維持するなど具体的な目標設定をすることが大切です。視力回復トレーニングは原因によってトレーニング方法が違います。

まず、視力低下の原因についてきちんと理解する必要があります。視力回復はトレーニングを習慣させることが必要ですが、少しでも効果を早く出すために、食生活の改善を心がけることも必要です。

目に効果的な栄養素はブルーベリーに多く含まれているアントシアニン、DHA、緑黄色野菜に多く含まれているベータカロチンやルティン、ビタミンB群を多く摂取するようにします。

最近、視力回復手段としてトレーニング機器にも人気があります。有名なものはソマニックです。ソマニックはマイクロサージャーとも呼ばれ低数帯域超音波で目の周辺の組織をマッサージして眼精疲労の回復とピント調整機能の改善をはかる家庭向け医療機器です。ソマニックは目の使いすぎによる疲労やコンタクトレンズやメガネによる近視の進行防止など、軽度の近視には効果があるようです。

視力回復とニンテンドーDS

うちの子供もよく遊んでいる“ニンテンドーDS”ですが、視力回復のソフトがあるそうですねぇ。視力回復の第一人者、視力回復について30年以上も研究と活動を行っている川村明宏博士によるトレーニングソフト「右脳を鍛える・速読術」です。

現代は視力回復にレーシックやレーザーが注目され、手術を受ける人も多くなってきています。芸能人も数多く手術をしていると聞いたことがあります。それだけ、視力が悪くなっている人も多くなってきているようです。でもレーシックやレーザーは100パーセント安全だとは言いきれません。またお金もかかります。

しかし川村博士の視力回復トレーニングなら手術もしないで、14日間で回復することができるそうです。川村博士によると、視力低下はゲームやパソコンのやりすぎからではないそうです。むしろ目を十分に使っていないからだそうです。

また眼鏡やコンタクトレンズは経済的にも目にもよくないということです。確かにコンタクトレンズは正しく使用しないと雑菌が繁殖して、ウィルス性の結膜炎になったりします。また失明の危険性もあるそうです。直接目に入れるものだから、やはり手入れをきちんとして正しく使用しないといけませんね。コンタクトの毎日のお手入れが面倒な方は是非、川村博士の視力回復トレーニングをやってみてはいかがでしょうか。

Google

視力回復関連リンク